*

ポジションを持っていること

実際にコンピュータの画面の前に座り、いつも変化している市場を目を向けていると、注文をしたくなるという衝動に駆られる状況も多かったりします。

 

しかしながら、はっきりしない考えで売買するのだけは、決してしてはいけません。

 

事実、マーケットは四六時中常時いずれかの外国為替相場がやっているし、マーケットも常に変化しています。

 

そうであっても、注文を積んでいくとそれだけ損をする率が上がります。

 

もちろん、トレードの数を経験することによって結果的に勝ち負けの確率か五分五分に近づくのは事実です。

 

しかしその事実は「明確でないアイデアでトレード」することとは別の問題です。

 

売買回数を積み重ねるという意味は自分で「ここだ!」と感じた勝機を得られたうえでのエントリー回数を積み重ねるという事です。

 

何となく、休む間もなくトレードを繰り返すのとはかなり異なります。

 

為替相場の駆け引きに立ち向かうためにはあなたがよく考えてけじめをつけることこそが大事だ。

 

「ここで勝負」とよく考えた為替相場の時には所有ポジションを多くして、徹底的に儲けを追い求めます。

 

「明らかに難しい市場で、どう動くのか思いつかないな」と思案した時は観念して保持ポジションを全部クローズして静観します。

 

このくらいのテンポでやった方が、結果的に取引は勝てます。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

本当に言葉どおりだと思います。

 

為替とは、ポジションを持っていることが全部ではなくどのポジションも持たずに待っている事も場合によっては相場なのである。

 

じゃあ、どういう時に、休めばよいのだろうか。

 

最初に考えられるのが、前に述べたように、直近のマーケットが今ひとつ見通しがきかない時ですここからドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は、間違って判断すると、自身で書いたシナリオとは違った方向に市場が変動してしまい、損をする事になります。

 

だから、そんな時はポジションを無くして、何もせずに見ているだけがいいと思います。

 

ふたつめは、自身の体の具合がすぐれない時です。

 

体の調子とマーケットにつながりがない考える人もいますが意外に影響します。

 

体の具合がよくなければ、マーケットの判断しなければいけない場面で正確な判断ができなくなります。

 

気分が進まない時は、トレードから離れてみるのも大事な事です。

 



コメントする