*

整骨院でのマッサージ

整骨院でマッサージを受けたきっかけは「首の痛み」でした。

首がどうしようもなく痛くなり、頼るような気持ちで整骨院へ行き、マッサージを受けるようになりました。

 

整骨院のマッサージはまず血流を良くするために電流を身体に流します。この際、電流はほんのり感じる程度が一番良いと言われていて、ビリビリと感じすぎるくらいではなくほんのりのほうが血流を良くしやすいそうです。整骨院だと更に血流を良くするためにカッピングという皮膚を吸着させる方法を行ったりもします。血流が悪いとこれを行った後、皮膚が赤くなります。良くなっていくと通うたびに行っても赤くならないようになるのが不思議です。

それらを行った後にマッサージを行ってくれるわけですが、やはりコリが酷い部分は痛みを感じたりします。私の場合、事務の仕事を行っておりほぼ1日中PCに向かっていましたから肩や背中をマッサージしてもらいました。

しかし一番痛かったのは脇の下あたりでした。物凄く痛くて本来ならそこを一番治療していくべきだったのでしょうけど、とても痛すぎたためその部分はやめてもらうことにしました。

なぜそこが痛かったかというと、やはり同じ状態のまま腕や手を使っているとその部分がコリを感じてしまい痛みが増してしまうようです。

整骨院でのマッサージの良いところはコリをほぐしてくれるだけでなく、骨盤矯正などもしてくれるところと、歩き方とかのアドバイスなどもしてくれるところ、そして何度も通うことで親身になって色々な話も聞いてくれるとことだと思います。

しかし保健適用されたとしても毎日通い続けるのは、お金がかかるのは体のバランスを正してくれるとしても少しだけ通うことを躊躇ってしまうものです。

次の記事も読んでね!!

  1. 整骨院でのマッサージ
  2. テスト


コメントする